吐き戻しの原因が判明!猫の餌を扱う時の注意点をおさらい!

Cat food to choose

猫の餌は手作りすることもできる

ペットを家族同然に大切に考えている人がいます。人の考えというのは人それぞれですが、中には健康維持のために動物病院で検査やワクチン接種をしたり、早くからペット霊園を決めておく人もいます。また、猫の健康を維持していくために、餌に気を配っている方もいるのです。猫の餌はスーパーやドラッグストアでも市販されていますが、安全性を考慮して手作りする家庭もあります。メリットは愛猫に愛情を注げること、保存料や添加物なしで安心安全の餌を与えられることです。

餌が合わない?猫が吐く最も多い理由5選

猫
no.1

毛玉の影響

猫が吐く理由で最も多かったのが毛玉です。胃へ大量に蓄積された毛玉は、猫草以外にドライフードを使って吐き出させることもあります。ただ、嘔吐の頻度が多い場合は、毛玉専用の餌を変えてみる必要があります。

no.2

今食べている餌との相性が悪い

猫の餌といっても、各メーカーで添加物、原料の組み合わせは全く違います。そのため、猫によっては体質的に合わない可能性があります。中でも油分の多い餌や添加物が大量に含まれる餌は、嘔吐しやすいでしょう。

no.3

早食いが嘔吐の原因になる

最初の一食分を大量に入れると一度に多くの餌を胃の中に入れるので、丸のみして吐き戻すことがあります。早食いする猫に対しては、一度に与える餌の量を少なくする必要があります。

no.4

粒が大きすぎる

ネコ科の動物のほとんどは、餌を噛まずに丸のみすることがよくあります。そのため、猫の餌の粒が大きいと、喉にひっかかり吐いてしまうことがあります。この場合は少し砕いてから与えるようにしましょう。

no.5

病気が原因の嘔吐

何を試しても吐いてしまう場合は、ウイルス性の感染症または、腸閉塞が考えられます。餌に飛びつかなくなった、嘔吐したあと明らかに元気がない場合は、早めに動物病院を受診しましょう。

猫の餌を与える時の正しい方法をこっそり伝授します!

猫

餌を与える時の注意点

同じ餌を何度も与えると飽きてしまうため、猫がしっかりご飯を食べられるよう複数の餌をローテーションで与える必要があります。例えば、朝はドライフード、夕食はウエットフードにするなど、タイプの違う餌を交互に与える方法は非常に効果的です。

エサ

おやつのタイミングについて

つい可愛くて与えたくなる猫のおやつですが、好きなだけ与えると肥満の原因になります。基本は一日に必要なカロリーの20%以内に収めることを念頭に入れましょう。あまり与えすぎると、栄養バランスが徐々に崩れます。

キャット

猫の餌の保存表法に注意しよう

風味が落ちると、食材は一気に美味しくなくなります。これは人間が口にする食材にもいえるでしょう。猫の餌を間違った方法で保存すると、風味と臭いが消えてしまい食べなくなります。各商品に正しい保存方法が明記されているのでしっかり守りましょう。

猫を飼っている方の声

エサ入れ

吐いてばっかりだった

猫に餌をあげると、毎回のように吐いてて片付けが大変でした。でも本人はけろっとしてたので、餌が悪いのかな?と思いサイトで色々調べて栄養価が高い餌にしました。すると全く吐かない!!少し高い物買ったんですけど吐かなくなって本当によかったです。

見直すいいきっかけになった

愛猫がおねだりすると、おやつとかいろいろ与えていたんですが体によくないことが分かっておやつは決まった時間に決まった量にしました。本人はとても不満そうですがこれも猫の健康のため!と思って心を鬼にします。ちなみに、獣医や専門機関からの信頼が厚い餌は一粒2キロカロリーなのでダイエット中の猫ちゃんにおすすめです。

[PR]
ピュリナワンの口コミを詳しく紹介
愛猫の健康を守ろう♪