防音をする

木材

読書に集中する為に自宅に書斎を作ったにも関わらず、近所の物音が気になって読書をゆったりと楽しめないと悩んでいる方は日本でも珍しくありません。 そんな騒音に悩まされている方々が利用する事が増えているのが防音工事であり、書斎をを防音仕様に変えてもらうだけで読書の楽しさは何倍にも膨れ上がります。 しかし部屋全体に防音工事を施してもらうと考えると、工事費用が心配になってしまうという方も居られるかもしれません。 そういう方に知ってもらいたいのが、防音工事というのは片側の壁だけに施しても十分な防音性能を得られるという事です。 近所からの騒音が気になるという方であれば、その騒音が発生する方面の壁だけに防音工事を施してもらうだけでも十分に違いを感じられます。 工事を行う会社もそういったコストパフォーマンスの良さを感じられる技術を用意しているのです。

家庭での防音工事は、次の種類があります。カラオケ、軽音楽、グランドピアノ、バイオリンです。楽器や音楽の特性によって防音効果を使い分けることが特徴です。性能は遮音等級で表されD-65が最高クラスで、D-40が費用削減型のわずかに聞こえるクラスになります。性能は、施工方法や材質によって左右されます。 基本的な防音工事の施工方法は、2重構造で、窓や扉を2重にします。遮音等級を上げるかどうかは、遮音性の材質を使うことと壁の厚さを厚くすることと密閉性を上げることが重要になります。 最近では機能ではなくてデザインを重視した防音工事が特徴的で、木目調や大理石調などさまざまな顧客ニーズに対応してくれます。防音工事のショールームもあり体験することも可能です。